未経験から基本情報技術者試験に半年で合格した話

初めまして。

基本情報技術者試験に合格した話を書いていこうと思います。

他にも沢山合格体験記がありますが、筆者のスペック高すぎて参考にならないという方向けに色々綴っていきます。

これから試験を受ける方の参考になれば嬉しいです。

 

筆者のスペック

 

4年制の情報系専門学校に通っていて、現在は2年生です。

入学当時の私

  • 偏差値50を切る高校卒
  • プログラミング経験なし
  • 情報系の勉強をした経験なし

こんな感じでした。

まあ普通の高校生だったと思います。
つまり、情報系未経験から基本情報を半年でとったことになります。
あまり速くとれたわけではないと思うのですが、未経験からどのように勉強したかをつらつらと綴っていきますね。

1~2か月目

入学してまもなく、各科目の授業が一斉にスタートしました。

ハードウェア、ソフトウェア、データベース、表計算、アルゴリズム、これらが授業としてあり基礎知識から学んでいったのですが、まあわからんのですよこれが。

まあ当然ですよね。いきなりSRAMとかDRAMとか言われてもピンときませんでしたし、暗記ばっかで全然面白くないので寝てました。授業の進行は結構遅かった覚えがあります。
また、データベースの授業が正直あまり質の良いものではなく、本番までデータベースはほとんど知識が身についていませんでした。

最初の3か月は入学したてというのもあり、結構ばたばたしていてあまり勉強をした覚えは無いですね。。。

基礎理論、離散数学は飛ばすべし

最初の頃やってて思ったのが、基礎理論あたりがとにかく意味不明でした。
具体的に言うとオートマトンやらBNFやら不動点小数やらの事です。

飛ばしましょう

それらを覚えても解ける問題は良くて1~2問です。理解しようとするのは素晴らしいですが、どうしてもわからなくて止まっているようであれば飛ばすべきです。

3~4か月目

 

さあ、少しずつ知識が身についてきた所に第一の壁があります。8月に受ける予定であるITパスポートです。これは基本情報と同じIPAのもので、位置づけとしてはレベル1であり、ITを利用する全ての者に取得してほしい内容だそうです。(ちなみに基本情報はレベル2)

しかしこれが意外と一筋縄ではいかなかった。インターネッツをみるとその資格は推定合格率50%ほどであり、超簡単と書かれていましたが、私の体感では無勉強でとれるものではないと感じました。(合格体験記には優秀な人しかいなくて困る)

というのも、ITパスポートも基本情報も範囲が広すぎる。とにかく浅く広い試験なんです。
離散数学、ハードウェア、ソフトウェアといったITっぽいのからマネジメント、法務まであります。
それぞれの分野が浅いのは確かですが、いくら浅くても各分野を少しずつ掘らなくてはなりません。
めちゃめちゃめんどくさかったですね。

それでも、落ちるかもという不安を抱えながらもなんとか合格し、少しだけ自身がついた所で次は基本情報の午前免除です。

受かりたいなら午前免除を利用せよ

 

絶対に利用すべきです。
個人で申し込む方はどうやるのかいまいちわからないから色々調べてください(適当)

基本情報はご存じの通り午前と午後に分かれています。
午前は午前免除試験に合格すると午前を利用することができ、当日は午後だけの受験でOKになります。

なぜ午前を免除する必要があるのか。
それは本番の午前はそこそこ難しく、午前免除の方が簡単だからです。

???

どういうこと?

こういうこと。
午前免除が簡単といわれている理由は問題の使いまわし率の高さにあります。
基本情報午前の問題は過去問題の流用が多いのですが、だいたい5割ほどです。

しかし、午前免除はなんと約8割が過去問の流用です。
つまり、あまり問題を理解しなくとも過去問ぶんまわせば落ちようがないという事です。

ITパスポートよりも簡単だったので、楽々受かりました。(点数が7割しか取れてなかったとは口が裂けても言えない)

ITパスポート、午前免除を取ったあたりで夏休みを終えます。
。◦〇(全く青春してねえなぁ…..)

5~6か月目

ひたすらアルゴリズムと表計算をやらされてました

理由は明白で必須科目だからです。
基本情報のめんどくさい所はアルゴリズムが必須な所ですよね。
プログラムが出来ない人は表計算を選べますが、こちらもマクロというアルゴに似たようなものがあります。

こちらの対策はよくわかりません。いまだに理解出来てない部分がかなりありますし、満点も取れないと思います。
ただこれだけは言えるのがあって、いくら嫌でもいくらめんどくさくても過去問を解きましょう。これしかないです。
各変数の値がどのように動いていくかも頭の中で考えるのではなく書いて追っていきましょう。僕はこの方法で0点をとれました。

そんなこんなで試験1か月前とかはひたすらアルゴと表計算をやっていてついに試験前日になりました。
なんと必須のセキュリティとその他もろもろをあまり対策せずに望んでしまいました(今思えば勇気ありすぎる)

しかし私には試験よりも大事なものがありました。。。。

バンダイナムコフェスティバルです

は??って思うかもしれませんが、試験そっちのけでコールの予習してました。
私はアイマスPなのですが、アイマスシリーズから全てのブランドが出て、他のコンテンツもたくさん来る。
こんな最高のライブ今までにあったでしょうか?いや、無い。

というわけで前日の土曜日はライブに行きました。最高でしたね。先日BDが発売されたのでもちろん購入しました。
つまり前日は全く勉強していません。
そして2日目ですが、昼に試験に行き、ライブのワクワクを抑えながらアルゴに爆死しつつ試験を終えました。
終わるとダッシュで教室を出て東京ドームに向かいました。(本当です)

千葉在住なので試験地も千葉の予定だったのですが、バンナムフェスがかぶってしまったので東京に試験地を変更しました。それでもギリギリだったので、1曲目に披露されたREADY!!は会場の外から聞こえました(まさかトップバッターがアイマスとは思わなかった)
久しぶりに走ったので気持ち悪くなりながら会場入りしてライブを楽しんで、終演後に解答速報を見て自己採点をしました。

なんとか合格

ギリギリ合格しました
なんかよくわからないけど合格しました。ライブの思い出しかないけど。

取って意味あった?

微妙な所です。ただ現在応用情報の結果待ちですが、次のレベルの試験のモチベーションにはなっていますし、ゼロから基礎知識を学べたという点については良かったと思います。

応用を受験してみて、上記のような適当な勉強だと後々苦戦しましたので、内容を理解するようにして問題を解いた方が良いのではないかと思いました。

需要ありそうだったら基本情報のテクニックも記事にしてみようと思います。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました